7月 21 2015

ちりめん山椒を知っていますか?

ちりめん山椒を知っていますか?

初めて「ちりめん山椒」という言葉を聞いたとき、私は正直「???」でした。

ちりめんといえば「縮緬」でしょうが、食べ物なら「ちりめんじゃこ」がすぐ浮かびます。

山椒は「小粒でピリリとからい」、あの山椒しかありません。

私もたまの贅沢でウナギを食べるときに、好きでちょっと大目にふりかけます。

「まさか、ちりめんじゃこと山椒をまぜたふりかけなのかなぁ」と漠然に思っていました。

実際のちりめん山椒は、山椒の実とちりめんじゃこを炊き合わせたものです。

実物を知ったときは「そのまんまか!」と内心つっこんだのを覚えています。

まあ食べ物のネーミングですから、名前だけでどんなものか想像しやすいほうがいいのでしょうけど。

私が無知だっただけで、ちりめん山椒は意外とポピュラーな食べ物です。

ごはんのお供に好む人も少なくありません。

また、いろいろと応用もきき、インターネットの料理レシピサイトには、たくさんのアイデアも寄せられているようです。

京都土産の定番なのです

ちりめん山椒は京都の食べ物だそうです。

有名な料亭の主人が考案して、店には出さず、知人などにふるまっていただけだったのですが、美味しいと評判になって発売されたのだそうです。

今では京都のお土産として人気があります。

私がちりめん山椒に対して、今一つピンとこなかったのは、私が関西の食べ物に馴染みが薄い地方の人間だからという理由もあります。

私の暮らす土地では、ちりめんじゃこも山椒も通常よく食べるものではないのです。

京都の食べ物ならば合点がいきます。

逆に言えば、町おこしで新しく考え出した、取ってつけたような感じのする近頃のご当地グルメとは違い、ちりめん山椒は京都という土地、食文化の生み出した、正真正銘の「土産」ということですね。

京都は歴史ある観光地で、他の土地とは一線を画すような独特の文化をもっています。

三角になった和菓子や、薄切りした大根の漬物などが代表的なお土産ですが、ちりめん山椒もそれらに劣らぬ人気があるようです。

京都土産の定番なのです

ちりめん山椒は京都の食べ物だそうです。

有名な料亭の主人が考案して、店には出さず、知人などにふるまっていただけだったのですが、美味しいと評判になって発売されたのだそうです。

今では京都のお土産として人気があります。

私がちりめん山椒に対して、今一つピンとこなかったのは、私が関西の食べ物に馴染みが薄い地方の人間だからという理由もあります。

私の暮らす土地では、ちりめんじゃこも山椒も通常よく食べるものではないのです。

京都の食べ物ならば合点がいきます。

逆に言えば、町おこしで新しく考え出した、取ってつけたような感じのする近頃のご当地グルメとは違い、ちりめん山椒は京都という土地、食文化の生み出した、正真正銘の「土産」ということですね。

ちりめん山椒を注文

京都は歴史ある観光地で、他の土地とは一線を画すような独特の文化をもっています。

三角になった和菓子や、薄切りした大根の漬物などが代表的なお土産ですが、ちりめん山椒もそれらに劣らぬ人気があるようです。